2019年6月15日 (土)

旅のおわり世界のはじまり

旅のおわり世界のはじまり  大雨の中、みなとみらい駅近くにあるkino cinema 横浜みなとみらいという新しくできたシネコンまで行ってきました。

A193df393864d400

kino cinema ・・ツタヤの上にあるっていうか店の中にあるみたいで、すっごくわかりにくいです。
映画観る前にすでに迷子になっているわたくしであります・・・(;´・ω・)

Dsc_0375
真新しい施設ですので、トイレもやけにおしゃれ・・・ドン引きするほどおしゃれでした。

Dscpdc_0002_burst20190615100640262_cover

Dsc_0377

スクリーンもちっちゃめ・・設備が新しいので椅子はすばらしいけど、ちょっと残念かも?

でもって本編ですが・・なんか全部驚きました。今までの黒沢監督の作品とは全然ちがう感じでした。
前田敦子さんがいなければまるで成り立たないような物語です。

主人公の葉子はバラエティ番組のリポーターの仕事でウズベキスタンにスタッフたちと来ています。
でも、他のスタッフと食事を共にすることもなく、どこか孤独で寂しそう・・異国を楽しむわけでもなく、楽しみは東京湾で消防士をしている彼とラインで(たぶん)会話することだけ・・・

640-20190615t180926445

とくに驚くような薄暗い事件も、概念を奪われることもなく物語は進みます。ウズベキスタンの観光地も大写しにはなりません。旅行案内的な映画でもありません。黒沢映画っぽくないのかな・・って思って観ていると、そこに風が吹いてくるのです。ホテルの窓からごぉ~~って風が・・・これはまさに、黒沢ワールド!

葉子は仕事頑張ってると思うし、なににそんなに不満?不安?なんだかちょっとわからないから、観ている方も不安になる。
その危うい感じがウズベキスタンの喧騒とほこりっぽさとあいまってさらに、ぐるぐると混沌の中に・・・。
しかも、彼女の方向音痴??なのかしらんが、迷子になりすぎで、そっち行ったらだめだろ!っていう暗い路地にどんどん行っちゃうし、どうなっちゃうの~~ってどきどきするけど、けっして悪い奴らにつかまったりはしません(;´∀`)

しかし、ちょっとしたトラブル(やっぱり迷子になってましたが)で警察に連れて行かれちゃう葉子・・ここでの部屋の照明がやばかった。
どんどんどんどん暗くなる部屋・・ああ・・・なんか不穏・・・
それは後半の、突然すぎる事件の予兆(!!!)だったのか??

彼のことがとっても心配だった葉子、けど深夜に電話がかかってきて、無事がわかり、話しながら泣くんだけど、このとき電話の向こうの彼の声が観客には聞こえないんですよ、なんか言ってるなぁ・・・とは思うんだけど聞こえない、普通声だけでも彼の存在は明確になるはずなのに、あえてのぼんやり感・・本当に彼いたんですか??もうやっぱり不穏でした!!

ラストでかなり標高の高そうな場所で葉子は歌います。ここで歌ったの前田さん大変だっただろうなぁ・・って思った。
山羊の存在も遠くにちょっと見えるだけなんだけど、なんかもうちょっとがんばろうって思えるっていうか、なんかよくわからないけど、感動しちゃいました。
どこがいいのか、はっきり伝えにくい作品ですが、うう~~ん、あと何回か観てみたいと思います。

そしてウズベキスタンロケ地巡りしたいです。迷子はいやですが・・

そしてそして、帰り道にやっぱり横浜駅で迷子になったわたしですよ(;´∀`)

劇場にあった写真。素敵です。
Dsc_0379

パンフレットは充実の内容と、写真が美しい、買いです!

Dsc_0380 

ウズベキスタン日記」も読んでみたいと思いましたよ。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

北鎌倉ゆるふわハイキング

毎度おなじみ北鎌倉駅から大仏ハイキングコースを抜けて海まであるいてきました!

しかぁし今回は別の重要な目的があったのです(`・ω・´)

Dsc_0273

9時ごろ北鎌倉駅着、人が多いです。ほとんどの人は明月院方面へ行く模様。
まだ紫陽花には早いのではないかとおもいつつ・・・

Dsc_0274

浄智寺前~、ちょっとだけ紫陽花咲いてました。緑が濃い!!もっくもっくですが、今日は風がさわやかでそれほど蒸し暑くもなく気持ちよしです!

Dsc_0276
今日は大仏方面へ直行!!本日は調子よく歩けるので休憩はなしです(笑)。
お気に入りの素敵な住宅街から見える海は、曇天のためかすんでおりました。

Dsc_0278
ハイキングコースほぼ貸し切り状態です。色々な鳥さんたちの声がします。

あっという間にハイキング終了!
大仏の周りは大量の人!!!(;´・ω・)
長谷寺へ行ってみることに
Sketch1559441021201

10時ごろですが、もうたくさんの大型観光バスが!!びっくりです。
紫陽花がたくさんあるとか聞いたのでとりあえず中へ・・
Dsc_0284
さいてるさいてる・・・とてもきれいです。まだまだこれからですが、ちらりほらりと咲いていてかわいらしいです。
みたことない種類の紫陽花もありました。
Dsc_0288
咲いている紫陽花の周りには写真撮りたい人が大勢・・・これ満開になったらどうなるんでしょうか?
たぶん渋滞するでしょう・・・(;´・ω・)
Dsc_0287
お寺からの海~

お寺見物のあとは・・今回の隠れたメインテーマ「しらす干し購入」!!へつきすすみます。
前回来た真冬は禁漁期間で売っていませんでした・・はてさて今回は?
Dsc_0295
無事にゲットできました!生しらすは売り切れておりましたが、釜揚げはありました!
1パック550円、最初買った時に「高いな」って思いましたが、この1パックがスーパーで普通に売っているサイズよか大きい。
そんなことよか、しらすの味がすんばらしいです。ふわふわとしていてうんま~~い(*´ω`*)です。なぜこの味のしらすがスーパーにないのか残念すぎです。
思い切って(?)2パック購入いたしました。このために保冷バッグと保冷材をザックに入れてきたわたくしです。
Dsc_0297

海も大変なにぎわい・・夏に向けて海の家の工事が始まっているのでした。
静かで寒そうな海が好きな自分は、しばらくは海に来ない方がいいですね・・・(;゚Д゚)

そして帰りにパタゴニア鎌倉店をのぞいてきましたよ!!(写真とりわすれ)
おっしゃれ~~で、ザックないのかと思ったけど、すみっこにちょっとだけありました。
いいなぁ~~パタゴニアのザック・・・まじでほしい・・・・。

そんな鎌倉でありました。
_20190601_175241
おしまい

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

金時山に行ってきました

☀超快晴の5月25日(土)箱根の金時山へお友達と登ってきました!!

Dsc_0222

Dsc_0221

小田急線で小田原まで行き、そのあとは箱根登山鉄道に乗り換えて箱根湯本へ・・
ここからバスに乗って乙女峠バス停まで、終点だから安心です。
ちなみにバスはパスモなどを乗るときにピッってして、また降りるときにピッってするタイプでした。

バスはハイキングのお客さんで満員。わいわいがやがやとってもにぎやか、まるでこれから遠足へ行くみたい。
そして乙女峠のバス停では、一斉に歓声が!!
なにかと思ったら、富士山ど~~~んでした(*´▽`*)

Dsc_0223
バス停のある場所から少しだけ戻った車道の向かい側(交通量が多いから横断注意です)に登山口があります。

日差しはもはや夏休みレベル??富士山どーんを見た私たちはテンション高めで出発です。
石がごろごろごろごろした道を歩きます。急こう配ではないのでゆっくり歩けば大丈夫ですが、とにかく暑いので速攻あせだらだらです。

30分ぐらい歩くと乙女峠に到着
Dsc_0226
ちょっとさびれ気味の展望台にあがると・・・
Dsc_0225
お約束の富士山ど~~ん
横っちょには廃墟と化した茶屋がありました。

ここから先は階段状の急なのぼりの連続・・疲れますが、時々たいらになったり、延々と登り・・ってわけでもないので、バテバテにはならないかな?
ところどころ風景が開けて、大涌谷もど~~ん
Dsc_0227
もっともくもくもくもくしているかと思いましたが、全然煙出ていなくて、硫黄の臭いも全然しませんでした。

金時山、不思議な山で、時々結構下ります・・・え~せっかく登ったのに・・って思いつつ、最後の急な登りを登り切ると!
有名な看板が!!

Dsc_0228

Dsc_0231   
いえ~~い、頂上に到着!!登山道はそうでもなかったのに、頂上めっちゃ人多い!
名物きのこ汁を食べようかと思ったけど、混んでいるし、とにかく暑いので食べませんでした。ちょっと残念だったかな・・

Sketch1558852362338
お日様カンカンの下で、持ってきたおにぎり2個と紅茶をがぶ飲み。
そして凍らせてきたアミノバイタルを飲んで(溶けてましたけど)それと一緒に、今回初めて丸いジップロックのケースにカットフルーツを入れて持ってきたのです。
これがまぁ激うま!!友達と分け合おうかと思っていたのですが・・一人で全部食べてしまいました。(;´・ω・)
体にしみこむ~~っていうか、とにかく疲れがすーーっと取れる感じ(気のせいでしょうが・・)
今度は大山へ行くときも持って行ってみようと思いました。

芦ノ湖方面もまぁ日差しが強いこと!
Dsc_0232  

さてさて、元気はつらつになったところで、下山です。
仙石バス停方面へ下りました。登ってくる人がどんどんいて、下る人もいっぱいいて、しばしば渋滞します。
しかもロープとかあって、若干急な場所もあるので要注意っていうか、それほどでもないんだけど渋滞ポイントであります。

仙石バス停は路線バスが多いので安心でした。

バスに乗って、箱根湯本まで来たら、人も車も多すぎ・・・
なんだかどっとお疲れが・・・
帰りの小田急線はほぼ夢の中・・・あっという間に我が家でありました。

ちょっと暑すぎでしたが、楽しいハイキングでした。
秋になったらまた行きたいし、明神ケ岳まで縦走してもいいかなぁ・・なんて思いましたよ。

 

おしまい

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

大山に行ってきました

連休後半スタート。天気予報が晴れ!!だったので、思い切って久しぶりに大山へ行ってきました!!
Dsc_0145

クマ君ももちろん一緒です。

女の子(;゚Д゚)なのでもちろん、女坂へ
Dsc_0146
久しぶりの大山の洗礼は厳しい!!暑いしちっこい虫は顔の周りを四六時中飛んでいるし・・
なにより階段がきついのなんのって!!前からこうでしたか??
汗だくだくで、下社へ到着です。

もう帰ろうかな・・な気分ですが、せっかく来たので車に貼るお守りシールをいただきました。
Dsc_0152
どんどん人が登ってくる・・ああ・・そうかケーブルカーで来るんですね(笑)
Dsc_0153
持ってきたおにぎりと、お茶で休憩・・・とにかく汗だく。今年一番の汗だくであります。
少々元気になったので、やっぱり登ってみようと思い(いつもこのパターンですが)とぼとぼ登ります。
絶対に急いではいけません。(`・ω・´)

小さなスミレ(たぶん)があちこちに咲いていてとてもきれいです。
Dsc_0156
もうすぐ頂上!!のところにある鳥居の横に桜みたいな木があり、まだ少し花が咲いていてかわいらしかったです。
Dsc_0163
というわけで、やっとやっとてっぺんにつきました。
Dsc_0164
そこそこひとがいます。とりあえずスタンダードな場所で・・・
Dsc_0166
山頂のトイレの裏側に行くと富士山がとてもきれいに見える場所があると
以前教えていただいたので行ってみると、こちらから歩いてくる人もいるんですね!
道があったんですね!!全然知りませんでした。
しかぁし、そこそこ穴場・・人は少ないし富士山と丹沢がどど~~んと良く見えます。

ああ・・こんな場所に住みたい・・って思う。富士山がドーンと見えるのはやっぱりいいなぁ・・
今日は暑くて空がぼんやりしてしまったので、うすくなってしまいましたが、富士山の右横にはちゃんと南アルプスさんたちが顔を出しています。すばらしいな、このロケーション

ずーーーーーーっとここでお茶を飲んでいたい・・風もないし気持ちいです。
じっとしてれば暑くないし。最高かも
Dsc_0169
富士山のアップ
Dsc_0173
とぼとぼと見晴台方面に下山します。
登ってくる人がたくさんいてびっくり、みんな暑そう・・・(;´・ω・)

すみれがきれいです。
Dscpdc_0000_burst20190503101758324
見晴台方面、前はごつごつした岩みたいなルートもおもしろかったんですけど、なんか前よか険しくなってる?気のせい?
滑落注意の看板もあってこわかった。もしかしたら台風でけずれちゃったのかもしれない・・かもしれないですが

なんだかへとへとで下社へ到着。アイスの誘惑にまけないようにお茶を飲んでがまんするのだ!
しかし、すごい人・・・余計に疲れる・・・。
そしてどうしたわけか
Dsc_0178

帰り道に男坂を選択してしまったバカなわたし・・・ああ・・しんどかった。
下山に自信のない方は男坂はやめましょう。手すりもありませんし、かなりの急階段です。
しかも石が不規則で大変でした。
若者はひょいひょい下っていきますが、もう足がっくがくでした。。

そしてへとへとになりながら、こんにゃくと大山菜のお漬物を買って帰ったのでした。

もっと体力をつけないと!!
けど、楽しかった~~

おしまい。


| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

平成最後のおでかけ、神津島 1日目

今年は10連休ですが、職場はそうもいきません。

本当は大好きな上高地へ行きたかったけれど、うまくいかず・・・そんなわけで今年は生れてはじめて神津島へ行ってきました!
わたくしは海はちょっとにがて・・・暑いのも苦手だし・・でも、神津島のハイキングコースはなかなか魅力的らしい・・というので、
船往復と宿セットを予約して26日(金)の夜出港いたしました!!

しかぁし、仕事帰りの出発はかなりお疲れ・・・・浜松町に行くまでに疲れちゃいましたw
出発寸前の「さるびあ丸」です。

Dsc_0005

竹芝桟橋はなにか事件ですか??ってぐらいの大量の旅行者がざわざわと・・行列して予約券を切符に取り替えて、また並んで船にのります。
船も大混雑で、通路に座り込んだり、レジャーシートしいて寝袋出している人とか、お花見みたいに宴会始める人とかたくさんで、びっくり。
一番お得な2等船室でしたが、これがまぁ椅子席で一昔前のスキーバスみたいないす・・疲れちゃうね。きょろきょろした結果、山小屋風スキーヤーズベッド型の特2等がよろしいかと思いましたよ。
船はそれほど揺れませんでしたが、お天気がいまいちで雨がぽつぽつと・・

それにさむい!!最初はうきうきして、外でベイブリッジを眺めてわーわー言ってましたがあまりに寒いので船室へ・・
Dsc_0012 Dsc_0010

なかなか眠れませんでしたが、ゆうらゆらと不思議な気持ちで朝になりました・・・
小雨が・・・
Dsc_0018
大島から利島、新島、式根島と経由しつつついに神津島へ到着!!
幸い雨は降っていませんでしたが、曇天すぎです。
Dsc_0019 
山のてっぺんは雲の中。船をおりると旅館のお迎えがずら~りと・・。今回山登りがメインテーマなわたしたちは、登山口近くの旅館「ふもと屋」さんにお世話になることにしました。

予定では到着後すぐに山へいくつもりでしたが、絶対上雨だよね・・って感じだったので、海岸の遊歩道「赤崎海岸」へ行ってみることにしました。
宿へ荷物を置いて、海岸にまた逆戻り・・途中の神社でお参りです。
Dsc_0025
前浜海岸です。すごくきれい・・・海の色が鎌倉とは全然ちがいますね。(;´・ω・)
Dsc_0031
村営バス(200円)で終点の赤崎海岸まで向かいました。大型ザックや大量のキャンプ道具を担いでいるファミリーがたくさんいます。
途中にきれいなキャンプ場がありました。けど海に近いからちょっと怖いかも・・・
Dsc_0039  
こちらがパンフレットなどなどで有名な「赤崎遊歩道」です。
ううむ・・・・寒いですね(;´∀`)。風が強くて・・それにぐるりとあるけない、なぜかというと途中から壊れちゃってて行けないんです。
これは残念!高いところにも行けません。これだけ風が強いと壊れちゃうんだろうなぁ・・とも思いますが。
とりあえず、歩けるところは歩いて・・・
バスの時刻表を見るとさらに1時間後・・・ううむ・・・
我々は歩いてもどることにしました・・・

ところが!!途中から大粒の雨が!!!ひぇ~~~
綺麗な海とうまいこと写真とれそうなところも、風がつよくてもう大変!!
Dsc_0042 Dsc_0038

結構びしょびしょになりながら、宿にもどってきました。その後もちょっと晴れたかなぁ・・と思うとざーーっと雨が降るの繰り返し。
もう今日はでかけないで、ごはんを頂いて、明日の早朝山へ行ってみようということに、なにしろ明日の朝の船で帰宅ですから・・(あわただしい・・・)
Dsc_0045  
夕ご飯・・・お刺身がとてもおいしい。なにやらわからないお魚(;゚Д゚)の煮つけもとてもおいしかった。
量もちょうどいいですね。ちなみにお肉はまったくありませんでしたよ。

二日目に続く!!

| | コメント (0)

平成最後のおでかけ、神津島 2日目


27日の夜は満天の星空に!!山登り期待できますっっ、
28日(日)朝4時起床!そそくさと準備をしていそいそと出かけます。
昨日のような寒い寒い風は吹いていない模様・・・

家と家の間を縫うように上に向かっている狭い道路を登っていきます。かなりの急坂・・
これ海岸近くの宿だったら、登山口に来るまでにへっとへとになりそう。。

突然現れる天上山登山口。ここからどんどん登っていきます。富士山をうんと小さくしたようなイメージ。1合目から10合目まで柱が立っています。
ずっとずっと木でできた階段です。そう・・・疲れます。

わたしは超久しぶりな山登りな上に、すきっ腹で張り切り過ぎたのか30分ぐらいでなんだかえらい調子悪くなってしまいました・・・
息子達はどんどん歩けちゃうので、もう撤退することに・・
わたしの山歩きはもうここで終わったのだ・・の記念の(?)写真を撮り、お茶を飲むのでありました。
Dsc_0049
けれども、少し休んだらちょっと回復したような?まだまだずっと一本道、もう少しだけ上に行って、上から海岸の景色を眺めてから帰ろうと思い。とぼとぼ歩きだしたのであります。
でもって、なんだかわからんけど、どんどん登って・・
Dsc_0051
あれま、9合目・・そして10合目まで来ちゃいました(笑)。当然息子の姿はどこにもありません。
天上山の頂上の形が複雑なんですよね、あんまり先まで行くと迷子になりそうだったのと、風が強くて寒いので「オロシヤの石塁」という眺めのいい場所まで行って、引き返すことにしました。
Dsc_0053 Dsc_0058
風がすごく強いのですが眺めがすばらしい!!海があお~~~い、びゅーてぃふるであります。

Dsc_0059
けれども、船の時間が朝9時35分!絶対に遅れてはいけない・・というストレスが(;゚Д゚)
下りが苦手なので、余計に気になる、そろそろと下ります・・・
無事に下山できました。。写真を撮っていたら、息子達も降りてきました~
あとちょっとで一番てっぺんで、上から富士山も見えたそうですが、まぁ今日はこれでよかったってことで
Dsc_0065
7時過ぎに宿に戻れました!ハイペースでしたね
朝ごはんをいただき、船に乗りました。
Dsc_0068 Dsc_0081
今日は本当にすばらしいお天気。島に到着するたびにデッキに出てきょろきょろしました。昨日とは全然違い、今日の船はがらがら・・・
のんびりできました。

夕方、羽田空港へ飛行機が帰ってきたり、飛び立ったりするのが見えて素敵でした。
カモメたちもいっぱい船の周りにやってきて・・・コナンみたいだった(わかりにくいですが、名探偵ではありません・・・)
Dsc_0133 Dsc_0138
島で遊んでいる時間よりも、船にゆらゆら乗っている時間の方が長い感じのおもしろい旅でしたが、たまにはこんなのも悪くないですね。
しかし、わたくしの体力のなさにはあきれました。。

山登りもっともっと行きたいから、もうちょっと体力つけないと・・・ああ・・しかしごろごろもしたい・・。
むずかしい問題です。

おしまい

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

ル・コルビュジエ展に行ってきました

🌸 上野の国立西洋美術館で開催中の「ル・コルビュジエ」展に行ってきました。
桜も終了したし、学校も始まっているのでそんなに混んでないかと思いましたが、いやはや上野の人だかりはもうびっくりするレベル。
渋谷じゃないですよ、上野ですよ??外国の方多し!!

Dsc_0727
美術館の周りは人が案外少なかったので中も空いているのかな??と思いきや、入り口入るとすぐに大勢のお客さんが!
最初のコーナーは撮影OKなので、建物の様子などをパシャパシャ撮ってみました。
西洋美術館、以前も訪れたことがあると思うのですが・・(あんまり覚えていない(;´・ω・))
ル・コルビュジエが設計した建物だって意識して訪れたのは初めてだったので、展示されているもの以上に建物そのものを見ちゃいますねぇ。
Dsc_0739
素直な感想は思っていたよりも狭いな・・って印象。天井もそれほど高くはありません。
昔の建物だからでしょうか?けれども、吹き抜けからさしこむ陽の光がやさしくて薄暗い感じにはならないようになっているのかなぁ?
みたいな・・・(せいぜいその程度の感想・・・ww)

建築模型も一部撮影OKでした。
Sketch1555220511781  
2階からは撮影不可。雑誌で見たやけに狭い階段は登ってはいけないし、他の通路を使って上に行くこともできないので、
その上がどうなっているのか見ることはできません。。とても気になります。
上をのぞき込んでも薄暗い空間がちらりと見えるだけです。その細い階段が2か所あって、ほとんど同じ作りなので、迷子じゃないけど、ぐるぐる同じところを回ってしまいました💦

サヴォア邸の建築模型や、コルビュジエが書いた設計図も展示されておりとても興味深いです。
が・・・
絵画はよくわからないモノが多い・・・ピュリスムの時代という副題がある通り、現代美術なのでしょうが、個人的にはむりでした。

少しですが、椅子も展示されており、これもまた興味深かったです。

中庭もとても素敵です。カフェがあって、庭を眺めながらお茶できるようになっております。

Dsc_0740
通常展示でたくさんの絵画を鑑賞できます。なかなかお得です(笑)。

久しぶりの美術館、おもしろかったです。
東京駅のステーションギャラリーで開催されている、アアルト展もハシゴしちゃおうかと思いましたが、
やっぱりお疲れでむりでした(;´∀`)・・・以前訪れた、神奈川県立近代美術館の展示と内容同じらしいですが、東京駅も見たいし(リニューアルしてから一度も行ったことない・・)コルビュジエ展の半券があると100円引きだそうです。

なんとか行きたいものですが・・・どうだろうか・・

※残念ながらアアルト展は14日でおしまいでした。(´д`|||)

Dsc_0743

この後、アメ横通って御徒町までてくてく歩いて、モンベルのお店までぐるぐる歩いてアートスポーツも行って充実した日曜日でしたよ。

おしまい

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

平成最後のお花見

 Dscn7931

平成最後の年度末(笑)。目黒川の桜を見物してきました。

いやはや寒い寒い・・・こんなに寒いお花見ははじめてかも?

曇天だし、色はいまいち・・けど満開で人もいっぱい!!みんなどこからくるんだろう?

Dsc_0636

Dscn7937

Dsc_0638

やっぱり川と満開の桜がとてもきれいです。見に来てよかったです。

Dscn7938

みなさますばらしい新年度をお迎えください。

わたくしはたぶん、息絶え絶えになることでしょう( ̄▽ ̄)

Dscn7934

Dsc_0639_4

我が家周辺の桜も満開です。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

来る

 「来る」 これはおもしろい!!

54da039d50f9a6d7

感想UPが遅くなってしまいましたが、2018年最後に観た映画がこの「来る」でありました。

怖い映画は基本観ないのですが、岡田准一くんが好きだし強くない岡田くんがみられるのってあんまりないし、なにより原作が超絶おもしろかったので、楽しみにしていました。

これはかなりおもしろい!!ホラー映画って感じではないのですが、なかなかの雰囲気です。2018年はあんまり映画観なかったけど、トップ3に入ると思いますぞ。

小松奈菜ちゃんが今までとちがって、すごいキャラを自然に演じています。ピンク頭も似合ってた。
そしてお姉ちゃん役の松たか子さんがもうすっごくかっこよくてよかった。感情がない一定のトーンをくずさない話し方、立ち居振る舞いが小説のまんまでした。そしてなにより迫力があった。

柴田理恵さんもすごかった。あんなにすごい柴田さんを見るのははじめて・・

日本中のお祭りやお祓いを集めたようなクライマックスシーンもありえないとはいえ、かなり興味深い。こういうシーンは原作にはありませんが、映画ならではの豪華シーンで楽しかったです。まぁ仕方ないけどいっぱい人が死んじゃうのはちょっとなぁ・・と思いはしますが。

原作ではこのなにかわからない名前を言ってはいけないモノは歴史的背景の説明があって親やその親が延々と心の奥底にためていた澱のようなモノが呼んでしまう・・っていう展開があってさらに恐ろしいというかおもしろかったんだけど、映画では時間もないのか、親の親の説明はほとんどなく登場もちょっとだけ・・あれは残念でした。妻夫木くん演じる秀樹のおじいちゃんには一言大きな声でバケモノを追い返してほしかったけれど、映画では寝たきりになっているだけ・・残念な点はそこぐらいか?

ものすごくいい人だと思っていた秀樹がひとりよがりの男だったというのが映像があるから早めにわかっちゃうのも残念だけど、これはいたしかたなし・・

とにかく「あるよね~」ってことが多すぎて、わたくし個人的にはつらい部分も(笑)。
がまんばっかりしてちゃあだめだよ!って思った。(しなかったけど・・
もし、がまんばっかりしてたら・・・わがやにも来てたかもしれない・・・

怖いけどおもしろからみんな見てくださいね!

そして原作も超絶おすすめですっ

| | コメント (0)

マスカレード・ホテル  ネタバレ気味感想(笑)

 「マスカレード・ホテル」 なかなかおもしろかったでぇす!!(`・ω・´)

320
超豪華キャストによる、話題作! 謎の連続殺人事件が予告したの場所はホテルコルテシア東京・・こっそりホテルマンになって潜入捜査を開始する警察官たちの物語。

ホテルの名前がマスカレードなのかとばっかり思っていたら全然ちがって、全然意味わからない!!って思っていたのは、東野圭吾氏から遠ざかって幾星霜・・マスカレードシリーズっていうのがあるらしいですね(←遠い目・・)おつむが小さいからわかりませんでした(←プー風に・・

全体的によくできていると思いました。もちろん原作未読なので、原作と比べたらどうなの??とかわからないけど、原作も読んでみたくなったし・・
なにしろ木村拓哉がかっこいいでないの!短髪にするところよかったな・・かっこよさが倍増ですよ。それになんだかキムタクキムタクしていなくてとても自然でした。

そして長澤まさみ氏・・似合ってましたね・・とてもよかった。
ラスト木村拓哉演じる新田は刑事やめてホテルマンになっちゃうんじゃないかって心配したほどですよ(笑)。

640
お客様第一のホテルの仕事について、潜入捜査とはいえ適当はゆるさない、プロっぷりがすばらしい・・でもぜっっったいにホテルで働きたくないと思いましたねぇ・・ww

あっちゃんも出ています。かわいかったなぁ・・あっちゃん好きです(;´・ω・)
641
なんと、彼も出ていました。これはウケ狙いでしょうか??おもしろかったです。
642
そしてなんといっても、新田の上司を演じる渡部篤郎!!彼の顔演技やばかったですな、うれしくてたのしくて(何気にスキ・・)にやにやしながら見ておりました。
643
伏線もちゃんと生きているし、それでいてわかりやすい展開。誰でも楽しめる作品に仕上がっています。

しかし、何度も何度もホテルの外からズームアウトする映像はかっこいいと思ってやっているんだろうけど、かえってうそくさい、あれは一度でいいかも?窓から窓へそのままスライドして行くような落ち着いた映像とか、隣の隣でなにやら起こっているのがうかがわれるとか・・そういうちっちゃい遊びみたいな画面も欲しかったなぁ・・
映画なんだから・・

これスペシャルか、連ドラだったらこんなんでもいいと思うんですけどね、ほんと連ドラでやってほしかったなぁ・・めちゃくちゃおもしろかったと思いますよ。

よかったのはエンディング、ちょっとしつこい感じはありましたけど、妙なタイアップ曲もないのもしゃれてました。

ちょっとひさしぶりの映画、楽しめましたよ。おすすめ!

小説「マスカレード・ホテル」です。かなり読みたい

| | コメント (0)

«年忘れ、鎌倉ハイキング